So-net無料ブログ作成

オールドバグリー“ハズレ”の正体 [市販ルアーなど]

オールドのB2やB3のコートを剥いで、
生のブランクを見る回数が増えてくると、
この当時のルアー作りが何となく見えてきます。

“アタリ”とは何なのか…ということも
ちょっと前に書きましたが、
果たしてどれくらいの割合で“アタリ”が存在するんでしょうか。
膨大な量のサンプルが無いと、それは分からないのですが、
私が思うにかなり少ない(少なかった)のではないでしょうか。

何でかというと、まずまともに泳ぐものが少ないのと、
現代基準でいくと、全体的に精度が悪いからです。


すごく分かりやすいのはリップの取り付け精度が悪くて、
真っすぐに付いていないパターン。
そして、ラインアイの位置のバラツキ、
ウエイトの挿入位置のズレがあります。



でも、私が思う最大かつ致命的な欠陥は
“ボディーの歪み”です。




私の元にやってくるオールドのB2やB3は、
自分で手に入れたものや、譲っていただいたもの、
リペイント依頼品などですが、
そのほとんどに調整のあとがあります。

ラインアイのトゥルーチューンはもちろん、
リップの付け直し、リペイントや
強度アップを狙ったと思われる追加コーティングなどなど、
ユーザーがなんとか使い物になるように、または
自分が使いやすいように調整した痕跡です。


でも、それらのほとんどがまともに動かない…。
だからこそ、巡り巡って私のもとにやってきたのかもしれませんが…(^^;)


一時期、本場の名だたるトーナメンターが
こぞって探したというオールドバグリーですが、
結構大変だったと思います。
調整して使いものになる確率ってどれくらいだったんでしょうね?
無駄な出費がかなりあったと想像されます。


手に入れたオールドバグリーのコートを剥がして、
ブランクからもう一度仕上げる作業してた人が
どれくらい居たかわかりませんが、
そうでもしないと、ボディーの歪みは矯正できないので、
必然的に“ハズレ”の個体が手元に増えていくことになります。


バルサ地にすると、すごく良くわかるのですが、
とにかくボディー形状がバラバラです。
間違いなく機械で回しながら削っていたと思います。
これなんか回転でできる溝が残ってますし。


IMG_5098.jpg



70年代の機械の精度はやっぱりそれなりだったと思います。
均一だったら逆にすごいです。
今よりさらにレジェンドでスペシャルなルアーになっていたことでしょう。


年代によってボディー形状が少し違うのかもしれませんが、
同じ年代だからといって、均一だったかというと
そうではないと思われます。
ボディーの端々を見ると、何となく精度が見えてくるので…。


ぱっと見でわかるのが、
テールの太さです。


IMG_5106.jpg



全然違います。
でもこれは、実はそれほど深刻ではありません。
深刻なのが、
左右のズレです。

写真は矯正したあとなので、
ほぼ、左右対称ですが、
かなりの確率でどちらかが盛り上がっていて、
それが、アクションの質を低下させています。


IMG_5103.jpg



いろんな原因があったと思います。
機械の精度の問題、オペレーターの練度の問題、
木材の問題などなどです。

木材の問題って何?
と思うかもしれませんが、
木材は均一な素材ではなくて、
ところどころに密度の変化があることが普通で、
ひとつのブランクの中にそうした変化があると、
削りムラができやすくなります。


比重の軽いソフトバルサを使っていたと思われる
このシリーズにあって、一番典型的なのが、
ショルダー部分に硬い部分(密度が高い)がある場合です。
当然、その硬い部分は削りにくいので、
盛り上がりやすいのです。

片方のショルダーが盛り上がった
歪みのあるボディーの出来上がりです。

こうしたボディーは左右(主に上部の)の水の流れが均一でなくなるのと、
浮力の偏りで、質の高いアクションの妨げになります。
アクションは反復運動でもあるので、
それの乱れにも繋がって、良いことはひとつもありません。


この写真のブランクは向かって左側に
少し赤みのあるところがあるんですが、
そこだけ硬くなってます。


IMG_5108.jpg



硬いところは、他よりも重いので、
それも良い影響はありませんが、
形状の歪みほど深刻ではありません。
なので、矯正さえすれば、きれいに泳ぐようになります。


手持ちのオールドバグリーで、
リップに問題がなくて、ウエイト位置のズレもなく、
ラインアイの調整でもダメ場合、
きれいに泳がない原因は多分ボディーの歪みです。

また、ラインアイを下に下げることで、
アクションは強くなり、安定傾向になります。


なので、私がやるリペイントは、
ラインアイはカットして、別途、後付けします。
ちょっと乱暴ですが、ラインアイを「抜く」のは
ほぼ不可能です。(何度もトライしました…)

なので、見えてるところをカットします。
そして、少し下に新たなアイを刺します。
また、無理矢理下に曲げたラインアイは、
スナップが絡むことが多いので、それの改善にもなります。


リップの切り口はバルサで完全に埋めて、
ボディーを矯正し、必要最低限の下地とコートで
仕上げます。


IMG_5113.jpg
(塗装前の下地が完成したもの)



リップは劣化してるので、新たにポリカーボネートで
切り出して適正な位置に正確に取り付けます。

こうすることで、実釣で不満無く使える
オールドバグリーが出来上がります。


手持ちのハズレオールドバグリーを
なんとかアタリに変えたいと思う方で、
ある程度の塗装環境がある人は、
試してみても良いかもしれません。

コート剥ぎは、以前紹介したシンナー風呂で
簡単にできますから。
あと、バルサの比重ですが、
かなりの確率で問題ない高浮力を持ってますので、
それは徹底していたんでしょうね。


ブルブルと強いウォブロールで泳ぐ
オールドB2/B3はきっと戦力になってくれると思います(^^)




nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 10

佐藤

素晴らしい!!!
by 佐藤 (2013-11-05 18:25) 

Backfire

井佐節全開だね~w 読みごたえアリでした(^_^)/
以前、Old Bagley'sのレントゲン写真を送らせてもらったので、見て知っていると思うけど、アレを引き抜こうとするとは根性あるねwww
by Backfire (2013-11-05 18:30) 

サダキチ

塗装を剥ぐと色々な物が見えてくるんですね~
でもここまでしっかりリペアしないと泳がないなんて・・・

安い買い物ではないのでリペア技術のない私には手に負えませんね(^_^;)
by サダキチ (2013-11-05 21:05) 

tei-g

塗装を剥いだことがある人だからわかる違いですね。オールドがすべて素晴らしいみなたいなこと言っちゃってる人には耳の痛い考察ではないでしょうか。こうやって再生されたバグリーはさぞかしいい仕事してくれるんでしょうね。
by tei-g (2013-11-05 23:41) 

teru

解説ありがとうございまし。
とても興味深い内容でした。
製造された時代毎にボディー形状やアイの位置が異なっており、何時も気になっていました。
テールの太さは浮き姿勢(泳ぎ出す前のリップの角度)に影響するのではないかと推測していましたがルアー程のサイズの浮力体ではあまり影響がないようですね。気になっていた胸のつかえが取れました。
多くの実物を検証されたご経験を生かして、これからも色々教えてくださいね。

以上です。
by teru (2013-11-06 08:21) 

granz

凄っ!
by granz (2013-11-06 09:13) 

上村

私は中古で現行のB3のリペイントされたやつを買いました。ある日キャストミスでキズが入り、よく見たら塗装が皮みたいにむけそうでしたので塗装を全部むきました。
塗装ありの時はまっすぐ泳いでいましたが塗装をむいたらリップ取り付け位置のズレ、ボディ左右非対称、ウエイトの取り付け位置のズレと三拍子揃ってズレていました。塗装の重さで重心がバラけてなんとかまっすぐ泳いでいたんでしょうね。
これでアメクラには余計手を出しづらくなりました。WECでもハズレ引いた経験もありますし。もちろんちゃんと泳ぐほうが多いですけど。
やっぱハンドメイドは真面目な日本人のほうが性格的にも合ってるのかなぁって思います。
by 上村 (2013-11-06 23:26) 

tisa

>佐藤さん
あ、お褒めの言葉だ(笑)

>BackFireさん
そんな写真もらいましたっけ?
うまく行って、途中からブチ切れる感じでした(^^;)
それにしても、いろんな意味で魅力のあるクランクベイトです!

>サダキチさん
私ももとに来るオールドバグリーは、
欠陥品なんじゃないかと思うほどに泳ぎません(^^;)
でもそれを生まれ変わらせることが喜びなんです。
持ってるポテンシャルを最大限に発揮させる作業は
楽しいものです(^^)

>tei-gさん
オールドの良さはまず見た目の雰囲気が良いというのがあると思います。
眺めるだけなら、いじらずにそのままにしておきたいですね。
性能的にはポテンシャルはあるけど、製作精度が甘すぎるので、
適切な処方をすれば、本当にいい仕事をしますよ(^^)

>teruさん
各部の年代ごとの違いは私は全部把握しているわけではないのですが、
同じような形状でも精度が悪いので、
ぶっちゃけて言うと1個1個全部違うボディーとして見ています(笑)
なので、それぞれのボディーに対して、
それぞれ違う補正をしていく作業になります。

テールの太さは、全体の浮力に影響しますが、
大きく特性変化はしないですね。
すでに一定のレベルを超えた浮力があるからだと思います。

>granzさん
手を出してみますか?オールドバグリー!
楽しいですよ〜♪

>上村さん
それはすごい体験しましたね!
アメリカのウッドクランクは国民性なのか、
かなりバラツキがありますね。
それが当たり前になっているのか、これが限界なのか…
宣伝文句としていくらすごいことが書いてあっても、
有名プロがアタリの個体を使って釣れるルアーとして紹介しても、
これではユーザーが離れるのは時間の問題だと思うのですが、
ユーザーの加工技術が高いんですかね?アメリカは。

そういう意味で日本人が作るウッドルアーは驚異的な精度だと
私も思います。
それがちょっと物足りないと感じて、「アタリを探すのが楽しい」
というならば、「アメリカかぶれ」病は
かなり進行していると見て間違いないです(笑)


by tisa (2013-11-07 19:52) 

野尻忠嗣

お尋ねします、b2のリペイント個人的にしてもらえるのですか?塗装が割れボロボロな状態です。どのぐらいの値段でリペイント出来ますか?
by 野尻忠嗣 (2015-10-12 22:17) 

tisa

>野尻さん
コメントありがとうございます。
オールドバグリーのリペイントサービスはまだ検討中で、準備もできておらず、残念ながらお受けすることができません。申し訳ございません。現在私の手持ちのオールドB2/B3のブランクを使ってリペイントして販売するプランはあります。オールドならではの魅力があるB2/B3ですから、使われている方に会うと非常に嬉しいです!参考までにどのような状況かよろしければ見せていただけますか?
monkey_brain_lures@yahoo.co.jp
by tisa (2015-10-16 15:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。