So-net無料ブログ作成

H-1GPX マスターズカップ[将監川・長門川(千葉県)] [大会]

今年最後の戦い。

レギュラーシーズンのフィールドと比べると
釣れるフィールドと言っていい将監川・長門川。
特に将監川は人気が高くてレンタルボートもあるので、
休日はそれなりに盛況です。

2年前の開催地でもあって、
スキートリース参戦で話題になりました。


全体的に浅くて2mという水深はディープです。
ショア寄りはだいたい1m未満で水色はステイン。
ブラッシュ含むウッドカバーは結構豊富で、
条件的にはハードルアー向きなフィールドなので、
釣果はかなり期待されたマスターズカップ。
結果は如何に。




プラの感触は皆さん割と良かったようで、
イージーにリミットメイクは可能なのでは?
という話が多かったと思います。


私もざっと流して、普通に反応もあるし、
真剣に釣りをしたらリミットメイクはできるでしょう!
という感触でした。

普通にクランクに反応してくれる将監バス。



IMG_0259.jpg


フィネスカバークランキングの魚。



良い条件が揃ってるエリアで反応がある感じ。
プアなところはプアなので、精度の違いはあれど
多分選手間の頭の中のMAPは似た感じだったのでは?
今年に入ってから選手の魚探がかなり進化してますし(^^;)





試合日の状況は前日に雨が降って水温は低下。
当日の朝の段階で15度台に落ちていて、これはマイナス要素でした。
(個人的見解ですが将監バスは水温低下に寛容な印象です。)
ただ、天気がスタート時点でローライトな状況だったので、
これはプラス要素でした。
その後は晴れて行く予報だったので、これは朝勝負かな…と。
あとはタイドがどうなのかはちょっと不明でした。
ゆっくり減水している方向に動いているように見えました。



今回は、ショアギリギリからファーストブレイクまで
割と長い距離をクランクでトレースするつもりでした。

川の中央のディープは巨大魚が多くて、ちょっと…という感じ。
カバーもあるので、できればシャロー側で勝負をしたいと思ってました。



スタート順は45名中44番目というナイスな番号。




IMG_0333.JPG




長門川に向かう人はギャンブラー系選手で、
将監川に向かう人は安定を取った選手だと思います。


IMG_0334.JPG


私は長門川は1回しか釣りしたことがなく、
よくわからないので将監川へ。


IMG_0336.jpg


一番入りたかったところは既に人が入ってたので、
その近くの空いてるオダで様子見をしつつ、
この短いローライトの時間帯でシャロー行けるか?
とすぐにカバー攻めに転向。

DigDawgにてカバークランキング開始。
で、数投目でヒット。
沈んだウッドを回避した瞬間に食われるという
典型的な食われ方。

う〜ん、この勢い維持したい。


でもこの後に不運が。
一番フィネスセッティングのスコーピオン1001(全部1001なんですが…)
が水にどっぷり浸かり、水に弱い遠心ブレーキリールが情緒不安定に(^^;)

騙し騙し使うもミスキャスト、バックラッシュとリズムを崩し、
大切な時間帯を無駄にして行く私。
霧が出てきて、これも良さげなタイミング。
でもリズムがめちゃくちゃ。タックルの状態を維持する大切さを痛感しました。

もう無理と、根本的解決を計るべくリールのベースを他の個体にチェンジ。
最初からこうすれば良かったと後悔するも天気は回復傾向に。



IMG_0339.JPG



その後、アタリらしいアタリもなく、
割と広く探るスローなクランキングもやりながら、
良さげなところ(ディープ隣接、オダ、オダ隣接カバー、魚ッ気満載エリア、ハードボトム)を回るもスレっぽいアタリが数回あっただけで終了。

朝の段階でもそれほど強くはなかったタイドによる流れ(下げ)も
希薄になり、晴天無風で釣れない感満載でした。





全体の釣果も思わしくなく、
ウエイイン率は50%に届かないという、将監にしては釣れない結果となりました。






私の朝の魚は710g。
順位は忘れました…。

IMG_0342.jpg



マスターズカップはいつも1本で終了です(^^;)




上位の方々とその魚達。


IMG_0350.jpg


IMG_0344.JPG


IMG_0360.JPG


IMG_0348.JPG


IMG_0361.JPG



IMG_0367.JPG



ルアーは
クランクベイト、シャッド、スピナーベイト、ミノー、
バイブレーション、メタルバイブとスタンダードなものです。


優勝はまたもや折金さん。
数カ所ある魚の多い(巨大魚含む)ディープを
点々としていたのは目撃しておりました。

全体的にビッグフィッシュは朝一のシャローで釣られてました。
リミットメイクされた方は上位2名だけで(お二人とも2500g台)、
もっと寒かった2年前よりも釣れてないと思われます。



改めて上位の方々。


IMG_0370.JPG



おめでとうございます!
優勝者にはトロフィーの他に
冠スポンサーのキャスティングさんの10万円商品券と
バレーヒルさんからモーダーガイドのX3が副賞として贈られました。


IMG_0375.JPG



基本的には優勝者だけがめっちゃいい思いをするのが
マスターズカップです。うらやましー!




ちなみに私が使ったDigDawgというクランクベイトはこちらです。




IMG_0383.JPG




小粒でもそこそこキャスタビリティーがある
フラットサイドカバークランクです。
ワイドウォブルと少し長めのラウンドリップが
ソフトなカバーに対してストレスの少ないクランキングを提供します。

パラパラしたベジテーションカバー向けクランクベイトですが、
柔らかめなボトムでも喧嘩せずにトレースできるので、
マッディーシャローレイクでも使い勝手が良いクランクです。

この仕様はデメリットもあって、
今回のようにウッドカバーのカバークランキングで使う場合は、
リップの長さとフラットサイドボディが
回避時の挙動を大げさにしてしまうので、
その辺はアングラーがコントロールする必要があります。

ただ、DigDawgでウッドのカバークランキングをする時=タフな時
=フィネスカバークランキングという図式が成り立つので、
自動的に巻きは繊細なものになり、大きな問題はないかなと。

リップはポリカにしたいなと思ってます。





という感じで、今シーズンの試合は全て終了です。
H-1を主催して頂いてるラッキークラフトさん、鈴木美津男さん、
スタッフの方々、本当にお疲れさまでした。&ありがとうございました。
選手の皆さんもお疲れさまでした。&楽しいお話、ありがとうございました。


来期もよろしくお願いしますm(_ _)m
(多分エントリーすると思われます)



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

単なる釣りキチ

お疲れ様でした。マスターズでもキチンと釣るところは流石ですよ。ボートも着々と改造されており、バックシートが楽しみです。まずは鋼派優勝かなあ(笑)
by 単なる釣りキチ (2015-11-04 20:05) 

tisa

ボートはほぼ仕上がってますので、来期?ぜひ釣りに行きましょう!
鋼派は優勝したいですね〜。石名氏さんがやってくれるうちに(笑)
by tisa (2015-11-06 15:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。