So-net無料ブログ作成

パントカスタム_5 [ボート関連]

蝶番の付け方の画像がなかったので、
アップしときます。



ストレージは90°+αの開き具合


IMG_0495.JPG


蓋側のカーペットを蝶番の大きさに合わせてカットして、
まず蓋側に蝶番を固定して、その後ベースに固定します。






バッテリーが入る電源スペースは180°開くように。

ここは少し大きめの蝶番を使っているため、
中央のネジ穴はコンパネに当たりません。
よって合計4カ所固定にしてます。
その代わりに蝶番を3つ仕様。




IMG_0502.JPG



(黒いケースは蓋裏に固定されたジャンピングケーブル入れ)


こんな感じです。
12mm厚コンパネに直接ビスを打つのは
強度的にちょっと心配なところがあるのですが、
今回はその厚さに合わせて小さめのステンレス蝶番を使って、
M3.5の30mmステンレスビス(ややオーバーサイズ)で固定してます。

本来はコンパネ下に蝶番を固定できる程度の木片を付けて、
そこにビス打ちをするところ。
今回は最初からそのような設計にしてなかったので、
コンパネに直接ねじ込んだわけです。

開度を調整する方法は単純に蝶番を付ける位置を
高くするか低くするかだけです。
高く付ければ180°まで開くことが可能です。
ただし、閉めた時に軸部分が少し飛び出ます。



と、前回記事のフォローを書きつつ、
引き続きアルミネタ。



如何に早く準備をして、如何に早く片付けるか…
それを考察するのがマイブームです(^^)

まずは改善の余地が大きかったトレイル中のボートの固定。
結構手こずってたので、このアイテムで解決しました。



IMG_0474.jpg



トランサムのタイダウンベルトをラチェット式の固定式に。
パーツ自体がトレーラーに固定されているので、
ベルトを引き出してトランサムの取っ手に引っかけて、
ラチェットをカチカチすれば良いだけのヤツです。



以前のはお手軽価格のこちら。


IMG_0478.JPG


いろいろとイマイチな部分が多かったです…。




スノーボードのブーツ固定と同じで、
初期の頃にあったタイプの留め方ですね、これ。
ベルトを締めてから、金具を起こしてパチッと増し締めするタイプ。



それにしてもアルミ本体が汚いですね(^^;)
洗車すらしない人なので、もちろんアルミボートなんて洗ったことなんてないし、
気にした事もないのですが、オフシーズンにちょっと磨こうかな…
本当はサイド部分に色を塗りたいところですが(^^)









nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 3

サダキチ

なるほど、ネジを長くして側面から固定してたんですね。
次にデッキ類を作る時は、参考にさせて頂きますね。
by サダキチ (2015-11-19 10:27) 

まさお

トレーラーでもセッティング時間を気にするものなんですね。私も色々考えた結果「一体物」にする。でした、、、でもカートップは限界あるんですよね、、、

リクエストなんですがリアデッキの固定、補強、金具、船体にどの様に取り付けたか教えてもらえませんか?特にトランサム側の角度面にどの様に固定するのか解りません、、どのサイトにも完成の画像はあるんですが、工程は説明無しなんですよ~スミマセン、、、
by まさお (2015-11-20 07:21) 

tisa

>サダキチさん
コンパネはミルフィーユ構造なので、横からのタッピングがどの程度の強度があるのか、ちょっと不安ではあります。今の所問題はないですが、ハイデッキはタッピングする角材を追加した方が良い気がします。

>まさおさん
トレーラーだから思いっきりラクをしたいという、ヒトの飽くなき欲望を露呈中です(笑)
カートップはとにかくシンプルが良いですよ!一体物ということですが、デッキを付けっぱなしということでしたら重量的に結構厳しいので、やるなら高価ですが、コンパネではなくてアルミや樹脂のハニカムボードを使うとかでしょうか。トランサム側のデッキは記事にアップしましたので参考までに(^^)


by tisa (2015-11-20 14:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。