So-net無料ブログ作成

Mirrorその後 [ハンドメイドルアー製作]

久しぶりにMirrorを作りました。




IMG_0525.jpg




「Mirror」というネームは水面直下の銀幕ベイトということで、
一瞬で開発コードが決まり、(仮)で使ってたものですが、
何となくこのまま正式名になりそうな気がしてます(^^;)
名前って「慣れ」な部分がありますよね。




IMG_0528.JPG



Mirrorはほぼ完成しているクランクベイトではありますが、
まだしばらく使ってみるために作ったものです。
DigDawgと共に来期リリースしたいクランクベイトのひとつです。

水深のあるところではコールアップベイトであり、
水深の無いところ(50cmとか)では通常のクランクベイトとしても使う
用途のはっきりとしたタイプのクランクベイトです。

リザーバーやウィードが繁茂するクリアウォーターのナチュラルレイクは前者です。
関東のシャローレイクでは主に後者の使い方がメインになると思います。


シャローレイクではフィーディングタイムにシャローに差す
ビッグフィッシュにどうかな?と思ってます。
基本的に柔らかいボトムなことが多い、こうしたフィールドでは、
ボトムに接触させないナチュラルな水平姿勢な泳ぎが良い気がしてて、
ミノーだと弱いし、シャッドだと潜り過ぎるし、
ファットなラウンドクランクだとアピール過多です。

というここで、水面直下を泳ぐ細めのクランクベイトは、アリでは?
と思うわけです。
ただ、ある程度速いスピードでサーチする使い方になるので、
この時期はちょっと厳しいかな…。



このMirror、色んなシチュエーションで試しているのですが、
各パラメーター中で思いのほか良かったのが、回避性能です。

当初は浮遊するウィードやゴミなどを拾わず、
かつサブサーフェスをハイスピードで泳ぐように設計したクランクベイトだったのですが、
その仕様はナチュラルに様々なカバーを回避する能力も秘めていました。
通常のシャロークランクよりも引っかかり感が少ないので、
反動が少なくナチュラルに引けると思います。





IMG_0531.JPG




ボリュームは使い易いレギュラーサイズで、
細いフォルムの中にキャスタビリティーと
サブサーフェスベイトとして必要な浮力を兼ね備えているので、
設計はほぼFIX状態です。
コンセプトがはっきりしていると設計の幅が狭くなりますね。


マーケティング的にマスプロダクションのABSクランクベイトでは
なかなか難しいタイプのニッチコンセプト。
カスタムクランクベイトの領域だと思います。


う~ん、超久しぶりにクランク記事書いている気がします(笑)
しばらくアルミボートのデッキビルダーだったので(^^;)


現在、某イベントに向け、
ちゃんとクランクベイト作ってます(^^)





nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 3

tei-g

リップの加工が大変そうに見えますが(^_^;
減水してる新利根で重宝しそうなので、是非とも使ってみたいです。
by tei-g (2015-11-28 08:25) 

Phlly

某イベントが気になりますな~(*´∀`)
by Phlly (2015-11-30 17:54) 

tisa

>tei-gさん
そうなんです。ポリカリップを曲げる加工精度・強度の確証が得られてないので、二の足を踏んでます(^^;)
水深30cmでも快適に使えるので、減水した新利根でも使い勝手が良いと思います!

>Phllyさん
某イベント、ようやく都内でも始動ですね(^^)
準備中でございます!

by tisa (2015-11-30 18:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。