So-net無料ブログ作成
検索選択

機能美 [その他]

今時珍しいパートタイム4WDというタイプの車に乗っています。
普段はリア駆動のみのFRで、必要な時だけガコンとレバー操作して
4駆にするという昔ながらのやつ。



IMG_0603.JPG



センターデフが無いので、4駆状態のまま
駐車時などで低速でハンドルと切ると
前後の回転差を吸収できずに車が進まないという
およそ今時と言えない機構(^^;)

4駆を使うのは雪が降った時と不整地のスロープでのランチングくらいか?
と思ってます。
整備されているスロープはFRのままで問題ないので
4駆が必要な時って実際ほとんど無いんですよね…。

で、この4駆にして走るということを、たまにはしてね!
と取説に書いてあるので、たまに入れてるんですが、
そんな時に思い出したのが、オヤジの昔の車。



錦鯉の世話をすべく、未舗装路の山道を走るための車として、
昔は三菱Jeepを使ってたのを思い出しました。
屋根付きタイプの時もあったし、幌のタイプの時にあったのですが、
必要最低限さが半端無く、子どもながらに「なんだこのふざけた車は…」
と思ったものでした。

オヤジからしたらそれは趣味とか遊び心とかじゃなくて、
雨が降ってぬかるんだ時でも未舗装路の山道を
間違いなく走破してくれる車じゃなきゃダメだったわけです。
エサやりとか毎日のように行く用事があるので。

そんな三菱Jeepが家にあった時代、
一度だけその凄さを垣間みた出来事がありました。
近所の大きな川の雑草生えまくりの河原での出来事。
なぜか道に対してJeepを直角にするオヤジ。
目の前には一段下に生える雑草やブッシュ。
下も先も見えません。


おもむろにレバー操作して(多分ローギアの4駆:L4にしたと思われる)
アクセルを吹かし、躊躇無くその先も見えないような、
車が走れるとは思えない地へJeepを突っ込ませるオヤジ。

「何考えてんだ!」と思ったのを覚えています。

でも凄い唸り音を上げながら突き進むJeepに、
「あ、この車は平気なんだ」と悟るのでした。


屋根も無くドアも鉄の棒しかない車で、
傷とかそんなことはどうでもいいような外観だったので、
私もオヤジもそんなこと気にしてませんでした。
とにかく普通の車とは根本的に違うのを学習

もうこんな経験することも無いんだろうな~。


パートタイムの4駆でデフロックが付いて、
リジッドサスの車ってこういうこともできるということで、
極一部の車にまだ採用されているのですが、
まあ、バス釣りくらいでは使わないですよね…。


そもそも道無き道を行くこと自体は
完全なる環境破壊ですし(^^;)


そんなJeepも崖から転げ落ちて、自分の池に落ちるという
ミラクルな最後をとげ、軽の箱バンへとその役割は移行されました。
このタイプの4駆は生活4駆なんですが、
1速がめちゃくちゃローギアで、一応用途的には
事足りるということで、今もこのタイプを乗り続けています。
私も免許取りたて時に練習でよく運転してました。
2速発進で(笑)


必要性があって備えられている機能が作り出す機能美、
何か良いですね。道具としての機能美。
その辺はクランクベイトの機能美にも言えることで、
シンプルな構造の中に全て意味があって、
その形を成しているというのが、作り手としても理想なわけです。


Jeepみたいなクランクベイト、作って行きたいです。



最後に取り繕ったように無理矢理ルアーの話に繋げてみました(笑)




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

tei-g

錦鯉って、ひょっとしたら山古志村とかですか?
by tei-g (2015-12-18 22:44) 

tisa

山古志村は錦鯉で有名ですもんね。
今は長岡市に編入されてます。
でもうちは隣町です(^^)
by tisa (2015-12-21 14:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。