So-net無料ブログ作成

Color-4 [ハンドメイドルアー製作]

Moonglow。





IMG_9925.JPG




ムーングロー、月光という名のカラーです。
カラー名が良いですね。
アルビノ色でもあります。
文字通り、月の光をイメージしたベースカラーが特徴で、
さらにラメが入ります。

ラメが入ると一気にアメリカンなカラーになりますね。
一見地味ですけど、色んなカラーがレイヤードされてて
結構凝ったカラーになってます。
効果が出てるかは別として…。




使い易い配色にラメの光がアクセントとして入った、
私的には使いたくなる実釣的なカラーです。
バックはオリーブ。



IMG_9923.JPG



Moonglow、販売用に塗るかも(^^)




Color-3 [ハンドメイドルアー製作]

プレモンスはブラックヘッドの影、サイドのホワイトパールの光、
明暗が前後にくっきり分かれた意味深なカラー。
シルエットと光、バスはどちらを見るのか…。




IMG_9809.JPG





一言で言えば「かっちょいいカラー」ですね(笑)
何かもっとアレンジしてみたい欲求があります。











ブラウンブリーム。





IMG_9812.JPG






文字通りブラウン系ブルーギルカラー。
パープルパールによってブラウンが深い色合いに仕上がります。



ブルーギルのパターンはいろいろあって、
塗ってて楽しいカラーでもあります。






IMG_9816.JPG




ブルーパープル系のギルはちょっどキツい感じで好きです(^^)



Color-2 [ハンドメイドルアー製作]

グレイッシュなブルーパープルをベースにした
ホワイトスケールカラー。
「デルタバック」と呼んでいます。




IMG_9789.JPG




私的偏愛カラーでブルブリームよりさらにオールラウンダー。
色調としてはナチュラル路線なカラーだと思ってます。
でもホワイトスケールでちゃんとアピールもしてくれる素晴らしいカラー。

デルタバックは次回販売分に入れる予定です。









ライムコーチドッグ。





IMG_9790.JPG





このカラーは一部の人が偏愛するカラーという印象があります。
かわいい色。
今までストライクドットを入れてなかったのですが、
今回からダークグリーンのドットが入ってます。

全体に明るい色調なので明滅カラーではないのですが、
それだけに全身から発する「明」のパワーは凄いものがあります。




続く。




川で癒される [釣行記]

週末は久しぶりに小貝川へ。
最近はH-1の日程に合わせての釣りばっかりだったので、
何の縛りも目的もない完全なる趣味の釣り(^^)

アルミボートを出すこと自体久しぶりだったんですが、
修理とかカスタムとかの確認もしたかったので、
それも兼ねての釣行です。


IMG_9737.JPG


雲は低い。
一雨来るかな~と期待しつつ出船。
いつものように出遅れたので少し暑さを感じますけど、
暑さも和らいで、これくらいが丁度いいですね(^^)


ちなみに水温は26℃くらい。




沖の冠水枝にて。





IMG_9739.jpg


良く釣れるかわいいサイズ。
小貝のバスは元気です。
この日のクランクはLeaferを多用。
思えばここで育ったクランクでもあります。







続いてギル(笑)





IMG_9744.JPG


申し訳ないけどナイスポージング。






奥に見える山はダダッ広い関東平野にある筑波山。




IMG_9746.JPG





安定のサンドストームカラー。




IMG_9751.jpg





水がキレイな所はGシャッドがいい感じ。




IMG_9754.jpg




冠水植物ではDigDawg投入。





IMG_9757.jpg





流れの中ではネコリグで黒くて小さいやつが釣れますが、
手のひらサイズ(^^;)
居る場所と居ない場所がはっきりしてます。
これはこれで面白いですけどね。
クランクでもたまに掛かりますが、
色んな意味で渓流魚的です。





クランクに反応薄くなったので、
風も出てきたし、ひらめいてバズにチェンジ。






テトラ絡みで。





IMG_9761.jpg





グリッパーはロアアームとペラの擦れ具合がミソで、
ギリギリ当たるくらいにすると本来の力が発揮されます。
マメに角度をチェックしながらキュルキュルを維持。
(ノリーズカップでの田辺さんの解説を真面目に実行)




奥行きのあるカバーですぐに2本目。




IMG_9764.jpg




同様の場所で、その後数投目の3発目乗らず…

バズベイトパワー恐るべし。











風が止んで低い雲が怪しい様相を呈してきました。





IMG_9767.JPG



愛艇12パント+8psエンジンは、
GPS読みで上り時速28キロ、下り32キロでした。
エンジン整備後にどう変わるか楽しみです。
まあ、劇的に速くなるわけないけど…。






静かになった水面でバイトが遠のくも、
楽しいのでバズ続行。





川を下りながら(流れに乗りながら)グリッパーを打ちまくる。
でも追って来るけど針に乗らなかったり、
引き込んで終わりみたいなのが続く。


15cmくらいのヤングバスも果敢にアタック!
微笑ましい(笑)




それにしても風は重要だな~。











流れ+カバーで何とか乗る。




IMG_9769.jpg




竹カバーから凄い勢いで出てきたギル。




IMG_9773.jpg




口に掛かってないし(^^;)





それにしても出切らないバスが多いけど、反応が多い。
日も落ちてきて夕マズメ手前だからか、楽しい時間でした。



何かを変えればもっとフックアップすると思いますが、
バズはこれしか持ってきてないし、続行。
ちなみにスピナベは反応なし。






そして最後に何とか1本乗りました。




IMG_9774.jpg









泣きの1投は姿だけ見えて食い損ねて行きました。


今回のバズは半分以上が割とボート近くで爆発。
最後まで気が抜けないドキドキゲームでした。
乗らないバイトは10回くらいあったかな?
小貝、デカいのは出なかったけど楽しかったです♪





IMG_9779.JPG

小貝川から見える風景は大好きです。
バスにも風景にも癒されました。





ブログは次回からまた地味なカラー回です(^^;)





Color-1 [ハンドメイドルアー製作]

2年前くらいによく塗ってた色を最近塗ってます。
テストモデルだったり、恐ろしく前に頂いたオーダーだったりするので、
モデルは色々です。





IMG_9696.JPG
(未コート)




SH4はバグリーさんのキレイなシャッドカラー。
単純なテンプレートなので、意外に塗るのは難しくないカラーです。
パールを6色使っていて、バック以外は全身パールということで、
私的別名は「レインボーパールシャッド」。


長細いモデルにも似合うカラーです。



IMG_9707.JPG












そして、ブルブリーム。









IMG_9703.JPG
(未コート)




「ブルブルーム」はブルーとカッパーが利いたWECの天才的なカラーです。
ブルーがとても印象的な仕上がり。
マッチする水質の幅が広いので、迷ったら手が出てしまうカラーでもあります。
好きな人も多いのでは?





しばらくはこんなカラーネタで行こうと思います。





メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。