So-net無料ブログ作成
検索選択
ハンドメイドルアー製作 ブログトップ
前の5件 | -

Mirrorその後 [ハンドメイドルアー製作]

久しぶりにMirrorを作りました。




IMG_0525.jpg




「Mirror」というネームは水面直下の銀幕ベイトということで、
一瞬で開発コードが決まり、(仮)で使ってたものですが、
何となくこのまま正式名になりそうな気がしてます(^^;)
名前って「慣れ」な部分がありますよね。




IMG_0528.JPG



Mirrorはほぼ完成しているクランクベイトではありますが、
まだしばらく使ってみるために作ったものです。
DigDawgと共に来期リリースしたいクランクベイトのひとつです。

水深のあるところではコールアップベイトであり、
水深の無いところ(50cmとか)では通常のクランクベイトとしても使う
用途のはっきりとしたタイプのクランクベイトです。

リザーバーやウィードが繁茂するクリアウォーターのナチュラルレイクは前者です。
関東のシャローレイクでは主に後者の使い方がメインになると思います。


シャローレイクではフィーディングタイムにシャローに差す
ビッグフィッシュにどうかな?と思ってます。
基本的に柔らかいボトムなことが多い、こうしたフィールドでは、
ボトムに接触させないナチュラルな水平姿勢な泳ぎが良い気がしてて、
ミノーだと弱いし、シャッドだと潜り過ぎるし、
ファットなラウンドクランクだとアピール過多です。

というここで、水面直下を泳ぐ細めのクランクベイトは、アリでは?
と思うわけです。
ただ、ある程度速いスピードでサーチする使い方になるので、
この時期はちょっと厳しいかな…。



このMirror、色んなシチュエーションで試しているのですが、
各パラメーター中で思いのほか良かったのが、回避性能です。

当初は浮遊するウィードやゴミなどを拾わず、
かつサブサーフェスをハイスピードで泳ぐように設計したクランクベイトだったのですが、
その仕様はナチュラルに様々なカバーを回避する能力も秘めていました。
通常のシャロークランクよりも引っかかり感が少ないので、
反動が少なくナチュラルに引けると思います。





IMG_0531.JPG




ボリュームは使い易いレギュラーサイズで、
細いフォルムの中にキャスタビリティーと
サブサーフェスベイトとして必要な浮力を兼ね備えているので、
設計はほぼFIX状態です。
コンセプトがはっきりしていると設計の幅が狭くなりますね。


マーケティング的にマスプロダクションのABSクランクベイトでは
なかなか難しいタイプのニッチコンセプト。
カスタムクランクベイトの領域だと思います。


う~ん、超久しぶりにクランク記事書いている気がします(笑)
しばらくアルミボートのデッキビルダーだったので(^^;)


現在、某イベントに向け、
ちゃんとクランクベイト作ってます(^^)





衝動的に作るルアー [ハンドメイドルアー製作]

ふとした瞬間に削り出したくなるルアー。
それは「ミノー」です。
久しぶりのルアーネタかも(^^;)


クランクベイトのようにある程度の数を作って
販売したいとは思えないのですが、
「あ、こんなミノー欲しい!」
と衝動的に作る事が多くなったのが
ミノーというルアーなのです。



IMG_0276.JPG



最近はボディーアルミを貼って作るのではなく、
直接ボディーにペイントしちゃってます。
使う塗料が多様化しているので、
アルミの効果をある程度再現できるかな〜と。
エラ蓋だけは貼るんですけどね。


時期が時期なのでサスペンド仕様を予定。
レギュラーサイズの檜製ミノーは結構久しぶりに作ります。
ヨコアイを採用しているのは、左右の動きを重視しているからです。
元祖はハンクルかな?かなりアクションが変わります。

通常のタテアイに比べ、横に暴れ易くなり、潜行深度は浅くなります。
逆にタテアイはアクションが安定して潜行深度がやや深くなります。



来年の春に向けて使えそうな1本が欲しいな〜(^^)




Color-5 [ハンドメイドルアー製作]

Leafer。



IMG_9943.JPG



カラー名:リーファー
です(^^)


試し塗り。
色んな配色パターンで塗ってみたいです。
とりあえずはわかりやすく葉っぱ色にしてみました。


Leaferのレギュラーカラーに加えることは
ず~っと前から決まってたカラーです。


葉っぱ柄を前面に出すか否か…
虫付き?カエル付き?枯れ葉?秋は紅葉
何だか想像が膨らむモチーフです。










あと今回、mitoを多色塗りしたので、
集めてみました。





IMG_9947.JPG

(カラー名)
チャートブリーム デルタバック Moonglow ブルブリーム
Gシャッド ライムコーチドッグ ブラウンチャートリュース ブルーギル
ブルーブルーム Faded dolphin ブラウンブリーム SH4


これこそルアーの醍醐味。
カラフルなルアーをタックルボックスに入れて、
童心に帰って眺めたりしながら釣行前夜を過ごし、
ワクワクで寝られずにそのまま釣りに行く。

ある意味健全な釣りの姿(^^)



Color-4 [ハンドメイドルアー製作]

Moonglow。





IMG_9925.JPG




ムーングロー、月光という名のカラーです。
カラー名が良いですね。
アルビノ色でもあります。
文字通り、月の光をイメージしたベースカラーが特徴で、
さらにラメが入ります。

ラメが入ると一気にアメリカンなカラーになりますね。
一見地味ですけど、色んなカラーがレイヤードされてて
結構凝ったカラーになってます。
効果が出てるかは別として…。




使い易い配色にラメの光がアクセントとして入った、
私的には使いたくなる実釣的なカラーです。
バックはオリーブ。



IMG_9923.JPG



Moonglow、販売用に塗るかも(^^)




Color-3 [ハンドメイドルアー製作]

プレモンスはブラックヘッドの影、サイドのホワイトパールの光、
明暗が前後にくっきり分かれた意味深なカラー
シルエットと光、バスはどちらを見るのか…。




IMG_9809.JPG





一言で言えば「かっちょいいカラー」ですね(笑)
何かもっとアレンジしてみたい欲求があります。











ブラウンブリーム。





IMG_9812.JPG






文字通りブラウン系ブルーギルカラー。
パープルパールによってブラウンが深い色合いに仕上がります。



ブルーギルのパターンはいろいろあって、
塗ってて楽しいカラーでもあります。






IMG_9816.JPG




ブルーパープル系のギルはちょっどキツい感じで好きです(^^)



前の5件 | - ハンドメイドルアー製作 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。