So-net無料ブログ作成

H-1GPX マスターズカップ[将監川・長門川(千葉県)] [大会]

今年最後の戦い。

レギュラーシーズンのフィールドと比べると
釣れるフィールドと言っていい将監川・長門川。
特に将監川は人気が高くてレンタルボートもあるので、
休日はそれなりに盛況です。

2年前の開催地でもあって、
スキートリース参戦で話題になりました。


全体的に浅くて2mという水深はディープです。
ショア寄りはだいたい1m未満で水色はステイン。
ブラッシュ含むウッドカバーは結構豊富で、
条件的にはハードルアー向きなフィールドなので、
釣果はかなり期待されたマスターズカップ。
結果は如何に。




プラの感触は皆さん割と良かったようで、
イージーにリミットメイクは可能なのでは?
という話が多かったと思います。


私もざっと流して、普通に反応もあるし、
真剣に釣りをしたらリミットメイクはできるでしょう!
という感触でした。

普通にクランクに反応してくれる将監バス。



IMG_0259.jpg


フィネスカバークランキングの魚。



良い条件が揃ってるエリアで反応がある感じ。
プアなところはプアなので、精度の違いはあれど
多分選手間の頭の中のMAPは似た感じだったのでは?
今年に入ってから選手の魚探がかなり進化してますし(^^;)





試合日の状況は前日に雨が降って水温は低下。
当日の朝の段階で15度台に落ちていて、これはマイナス要素でした。
(個人的見解ですが将監バスは水温低下に寛容な印象です。)
ただ、天気がスタート時点でローライトな状況だったので、
これはプラス要素でした。
その後は晴れて行く予報だったので、これは朝勝負かな…と。
あとはタイドがどうなのかはちょっと不明でした。
ゆっくり減水している方向に動いているように見えました。



今回は、ショアギリギリからファーストブレイクまで
割と長い距離をクランクでトレースするつもりでした。

川の中央のディープは巨大魚が多くて、ちょっと…という感じ。
カバーもあるので、できればシャロー側で勝負をしたいと思ってました。



スタート順は45名中44番目というナイスな番号。




IMG_0333.JPG




長門川に向かう人はギャンブラー系選手で、
将監川に向かう人は安定を取った選手だと思います。


IMG_0334.JPG


私は長門川は1回しか釣りしたことがなく、
よくわからないので将監川へ。


IMG_0336.jpg


一番入りたかったところは既に人が入ってたので、
その近くの空いてるオダで様子見をしつつ、
この短いローライトの時間帯でシャロー行けるか?
とすぐにカバー攻めに転向。

DigDawgにてカバークランキング開始。
で、数投目でヒット。
沈んだウッドを回避した瞬間に食われるという
典型的な食われ方。

う〜ん、この勢い維持したい。


でもこの後に不運が。
一番フィネスセッティングのスコーピオン1001(全部1001なんですが…)
が水にどっぷり浸かり、水に弱い遠心ブレーキリールが情緒不安定に(^^;)

騙し騙し使うもミスキャスト、バックラッシュとリズムを崩し、
大切な時間帯を無駄にして行く私。
霧が出てきて、これも良さげなタイミング。
でもリズムがめちゃくちゃ。タックルの状態を維持する大切さを痛感しました。

もう無理と、根本的解決を計るべくリールのベースを他の個体にチェンジ。
最初からこうすれば良かったと後悔するも天気は回復傾向に。



IMG_0339.JPG



その後、アタリらしいアタリもなく、
割と広く探るスローなクランキングもやりながら、
良さげなところ(ディープ隣接、オダ、オダ隣接カバー、魚ッ気満載エリア、ハードボトム)を回るもスレっぽいアタリが数回あっただけで終了。

朝の段階でもそれほど強くはなかったタイドによる流れ(下げ)も
希薄になり、晴天無風で釣れない感満載でした。





全体の釣果も思わしくなく、
ウエイイン率は50%に届かないという、将監にしては釣れない結果となりました。






私の朝の魚は710g。
順位は忘れました…。

IMG_0342.jpg



マスターズカップはいつも1本で終了です(^^;)




上位の方々とその魚達。


IMG_0350.jpg


IMG_0344.JPG


IMG_0360.JPG


IMG_0348.JPG


IMG_0361.JPG



IMG_0367.JPG



ルアーは
クランクベイト、シャッド、スピナーベイト、ミノー、
バイブレーション、メタルバイブとスタンダードなものです。


優勝はまたもや折金さん。
数カ所ある魚の多い(巨大魚含む)ディープを
点々としていたのは目撃しておりました。

全体的にビッグフィッシュは朝一のシャローで釣られてました。
リミットメイクされた方は上位2名だけで(お二人とも2500g台)、
もっと寒かった2年前よりも釣れてないと思われます。



改めて上位の方々。


IMG_0370.JPG



おめでとうございます!
優勝者にはトロフィーの他に
冠スポンサーのキャスティングさんの10万円商品券と
バレーヒルさんからモーダーガイドのX3が副賞として贈られました。


IMG_0375.JPG



基本的には優勝者だけがめっちゃいい思いをするのが
マスターズカップです。うらやましー!




ちなみに私が使ったDigDawgというクランクベイトはこちらです。




IMG_0383.JPG




小粒でもそこそこキャスタビリティーがある
フラットサイドカバークランクです。
ワイドウォブルと少し長めのラウンドリップが
ソフトなカバーに対してストレスの少ないクランキングを提供します。

パラパラしたベジテーションカバー向けクランクベイトですが、
柔らかめなボトムでも喧嘩せずにトレースできるので、
マッディーシャローレイクでも使い勝手が良いクランクです。

この仕様はデメリットもあって、
今回のようにウッドカバーのカバークランキングで使う場合は、
リップの長さとフラットサイドボディが
回避時の挙動を大げさにしてしまうので、
その辺はアングラーがコントロールする必要があります。

ただ、DigDawgでウッドのカバークランキングをする時=タフな時
=フィネスカバークランキングという図式が成り立つので、
自動的に巻きは繊細なものになり、大きな問題はないかなと。

リップはポリカにしたいなと思ってます。





という感じで、今シーズンの試合は全て終了です。
H-1を主催して頂いてるラッキークラフトさん、鈴木美津男さん、
スタッフの方々、本当にお疲れさまでした。&ありがとうございました。
選手の皆さんもお疲れさまでした。&楽しいお話、ありがとうございました。


来期もよろしくお願いしますm(_ _)m
(多分エントリーすると思われます)



将監プラ_2 [大会]

本日冷たい雨が降っております…。
しかも明日は北風が吹くので、
季節を一気に進行させる条件が整いました




プラ2回目は土曜日で、曇り模様でした。



IMG_0320.JPG




壮大に寝坊して出船したのが13時くらい(^^;)








ナンテンの赤い実を見ると冬を感じます。




IMG_0322.JPG




「難」を転ずる木なので、良い事あるかな?







どっぶりと秋。




IMG_0324.JPG




何人かいつもの面々にお会いして、
H-1の今年最後の戦いに向けて準備万端なのかそうでないのか。
容易に釣れる状況ではないのは確かです。

2年前はもっと遅い時期の同フィールドでの開催でしたが、
水温が一桁の割にはそれなりに釣れてたのが印象的でした。
今回は土曜日の段階で水温は約18℃。
バスのコンディションは如何に!?



ちなみに私はこの日ざっと流しただけですがワンバイトで終了(^^;)
本番で釣れれば良いのですよ。本番で。


この日の目的は探索してないエリアの魚探掛けだけなので、
サクッと回ってあっという間に暗くなって終わりました。





IMG_0323.JPG





5時を回るとあっという間に真っ暗に。
日が落ちるとダウンジャケットが欲しくなります。



帰って、リビングのテーブルをコタツ化しました(^^)




将監プラ_1 [大会]

早速の将監入りです。



IMG_0248.JPG



試合に向けて気合いが入っていると言いたいところですが、
単純にアルミボートで釣りがしたかったのが一番の理由です(^^;)

昔にカスタムしたアルミなので、
現状に合わせたカスタムをすべく、
色々と確認したいことがあったのでした。

テーマはトレーラー仕様前提の「肉体的疲労の軽減」です。
かなり大掛かりなカスタム(主にD.I.Y.)になりそうなので、
来年の春までにコツコツと仕上げて行きたいと思います(^^)



で、その確認と同時に魚探掛けして、
ちょっと試し釣りもしてきました。



いくつかの発見もありましたが、
おおよそ「やっぱりそうだよね」という感触で、
大きな発見もなく、デカい魚を手にすることもなく、
良さげなところでポツポツと釣れる感じですね。



IMG_0255.jpg



これが将監のアベレージでしょうか。



IMG_0251.JPG



沈船もちらほら。
でも沈船でいい思いをしたことはないです…。





それにしても、人間の生活圏を流れているだけあって、
人工物が多くて、ゴミに根掛かります。
新利根川に近い感じです。
せめて釣り人はラインゴミを残さないよう気をつけましょう!


ルアー回収にかなり時間を使いました(~~;)
回収棒で突っつく場合は取れなくてもすぐにあきらめずに、
グルグルと先端を回しながらしつこくやってると絶対取れます。
なぜならそのうちフックやスプリットリングが伸びるから…。





IMG_0261.JPG




水温は19℃くらい。
試合は約2週間後の3日。
どれくらい季節は進行するかかな…。
水が安定してくれるといいんですが。



IMG_0262.JPG



H-1GPX 第5戦[亀山湖(千葉県)] [大会]

H-1レギュラーシーズンの最終戦です。
亀山は苦手だったので、3回もプラに行くという頑張りよう。
もっと強者もいっぱいいたので、威張れたことではないですが、
何とか亀山を理解しようと私なりに頑張ったのでした。

プラ初日のこの魚はまあまあサイズ。


IMG_0097.jpg


崩落系の魚ですが、多分試合では釣れなくなっているであろう魚。
これで揃えられたらそこそこいい線行くのですが、
だいたい試合までに色々な要素がマイナス方向に向かうので、
別の魚を探す必要があります。



プラ2日目は厳しい亀山を体感…。



プラ3日目はとりあえず試合でも確実に釣れそうな魚を見つけるも
最小サイズ…。
試合の2日前でたまに小雨が降る天候で寒い日でした。



IMG_0193.JPG



翌日も雨で試合日は晴れという流れ。


私の武器は4つでした。
ひとつはリザーバーの必携ルアーであるディープクランク。(仮称D70とD76)
GPSにマーキングした3〜5mのピンスポットを狙い打ちます。
2つ目がそのフォローとしてスローロール用にノリーズ系スピナーベイト。
3つ目はメタルバイブ。リトルマックスとオーバーライドを使用。
6〜8mのボトムが複雑すぎなくて、誰も狙ってなさそうで、
ベイトも居るストレッチのボトムをリフト&フォールで釣ります。
最後に最小サイズを釣るためのmito。
いくつかある小バスの溜まり場で釣れないよりはマシな子達を釣ります(^^;)

以上でした。

 「え?自分のクランクで釣るんじゃないの?」

と思われる方も居るかもしれませんが、
今後は(※秋の亀山湖は除く)と入れますね(^^;)



サイズを選ばなければリミットメイクは可能で、
うまくいい魚が混じれば3本で1キロという、現実的観測。
冷静な判断というべきか、小さくまとまり過ぎというべきか…。
ただ、試合で何の根拠もない勝負をすると何もなく終わるというのを
何度も経験しているので、私の場合は試合では自分なりの判断で地道にやる方が良いです。

一番ダメなのが回りに流されること。
他人ができることをすぐに自分ができると勘違いするな!
ということですね〜。



湖全体でターンオーバーして久しい亀山は、
最上流のバックウォーター以外はそんなに水質の差がありませんでした。
では最上流が良いかというと、水温が5℃くらい低いのでちょっと違う感じ。
実際泡が残る湖面のあちこちで魚は釣れているので、
ターンオーバーはあまり考えなくて良いと割り切りました。
表層付近に魚のざわざわした感じは希薄で、
全体的にディープの方が反応があるので、
基本ショアラインのカバーを釣ることはあんまりないかな〜と。

ベイトの反応は分かり易い秋のスポットでは頻繁にあるのですが、
皆さんそれはわかっているので、なかなか入りにくいです。
ドラッギングとかちょっと気が引けます…。

水温は20℃前後で少しずつ少しずつ下がっている季節の進み具合で試合当日です。




IMG_0197.JPG





レンタルボート3店から沖に集結する選手たち。




IMG_0200.JPG




スタートすると下流行きの人たちはこんな感じ。




IMG_0207.JPG




静かな湖面が地味に荒れる(笑)
今回は総勢130名くらいだそうです。





まずは朝ということで、ダメもとで大場所勝負。



何も無し!







次はとりあえずイージーな(小さな)魚を釣りに行く。



浮き草に覆われててハードルアーでの釣り不可能!






風が吹かないので、一番釣れる可能性がありそうな
メタルバイブの釣りに移行。




6〜7mでトライ。
5投に1回根掛かる→外すを繰り返す。
(外すのはコツがあって、意外にロストはしない)




引っかかったのを外すために反対側まで行って外す
→なぜかバスが食っていた。

という奇跡で1本ゲット。300gくらい。






引っかかったのを外すために反対側まで行って外す
→なぜかニゴイが食っていた。

という奇跡で外道1本ゲット。この魚、全くファイトしなかった…











IMG_0209.jpg




ルアーはOSPのオーバーライド1/4oz黒金。




この調子ですぐにリミットメイクか?




と思ったけどやる場所が無くなったので、
下流行きで何気にキッカーを期待していた所まで大移動。
風も出てきて良い感じ。



何も無し!







次に割と定番ポイントへ移動。



人大杉で無理!




 「ですよね〜」




と心の中でつぶやきながらその後点々と移動するも
ニゴイの後はノーバイトで終了でした。



初秋な写真はいっぱい撮れました(^^)






IMG_0210.JPG


IMG_0216.jpg


IMG_0217.JPG


秋らしい快晴で、日中は半袖の陽気。





結局この1本でウエイイン。



IMG_0219.jpg




確か350gだったと思います。




IMG_0226.JPG
位でした。


それでもルアーいっぱいと3000円分の商品券が貰えるという…
最終戦だけあって豪華景品でした。





全体的に釣れているとは言えない結果で、
なかなか難しい試合だった亀山湖戦。

やはり主戦場はディープでメタル系のルアーが多かったです。
(メタルジグ、メタルバイブ、メタルスピン)

優勝されたご存知折金さんは割と深い(6〜10m?)ところまで
をドラッギングで釣られていたとのことで、
結構な数を釣りながら地道にウエイトを上げていったそうです。

2位は極差で巧君。
2200〜2300gくらいの攻防でした。
いつもの狙い澄ました釣りで
割と早い段階でこのウエイトまで持って行ったとのこと。
シューティングのメタルジグ、ベイトありきのメタルスピン、
シャローのスピナーベイトスローロールだそうです。

今回のこの成績で、総重量もH-1史上初の7キロ超え。
自身2度目のAOYも獲り、結果的に実力差を見せつけられた感じです…。
う〜む、全く勝てる気がしない…。




IMG_0225.JPG





AOYおめでとう!







亀山湖戦の上位の方々。




IMG_0222.jpg



5位の方で1キロちょい超えくらい。
(記憶が定かではないので公式HPにて詳細確認してください…)

皆さんおめでとうございました!






で、この後に予定されているマスターズカップは
11月3日(祝)に将監川・長門川と発表され、
クランクの出番多そうだし、
高滝よりはこっちが良いな(^^)と思ったのでした。
一応18位で留まり出場権があるので、
ちゃんとプラして頑張ります!


ちなみにこの順位についてですが、
今年H-1に出場した選手は200数十名だったそうです。
ただ、スポット参戦の方や数戦だけという方も多数居て、
5試合全戦出場された方は確か45名だったそうです。

というわけで、この順位だとまあ普通の人というわけです。
自分の実感がそうだし、結果がはっきりと出る試合は
己の実力が良くわかりますね。
年間シングルくらい行かないとな〜。



亀プラ_2 [大会]

2週間空けてのプラ2回目です。
今回は若干調査エリアを下流域に移すために、
つばきもとさんから出船。



IMG_0141.JPG



もっと下流域にレンタルボート屋さんいっぱいあるんですけど、
何となく行き慣れている2店に行きがちです(^^;)



早朝は盛大に霧が出てました。


出船時はほぼ消えましたが。

IMG_0142.JPG




大体こんな時は釣れないんだよな~
と思ってたら本当に厳しくて、ワンバイト(笑)


この濁った水色はターンオーバーの濁りなのか、
別の濁りなのか、エリアによっても違うし、
どうせ当日まで変化あるでしょう。


朝の霧=気温の急激な低下ということで、
多分ターンオーバー気味と思われます。
皆さんスローな釣りをされてましたね。
これもまた秋。




IMG_0150.JPG



日中はご覧の通り、快晴で気温も高くなり、
半袖陽気でした。
ヘラのボートもいっぱい出てたのですが、
私の魚探に映るヘラの魚影はある所で集中。



それは橋の下。


沖を群れで回遊しているヘラは、
光を嫌ってシェードを求めていたのでしょうか。
サイドスキャンの魚影なのでレンジが正確じゃないかもですが、
橋の下を通過する時に3mラインにヘラの影が映ってました。
これだけ天気が良いと沖まできっちりシェードを作ってくれる橋の下は
居心地が良いんでしょうね。
水温は23℃。




昼下がり、あまりの眠さに負けて
ジャングル感満載の木陰でzzz…


IMG_0149.JPG





湖面は相変わらず浮き草が。


IMG_0158.JPG


写真は一番密集しているところなので、まさに絨毯。




今回、ペダルダウンBOXにその辺にあった
あまりのカーペットを敷いてみました。
何かサイズも計ったようにピッタリ…。
固定してないけどほとんどズレないし、これでいいか(^^;)


IMG_0162.JPG



しかし、魚探掛けメインだったとは言え、
ワンバイトしかないとは、厳し過ぎる亀山…。
一通りの地形調査が完了したので、
ぜひもう1回入って釣りのプラをしたいところです。



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。