So-net無料ブログ作成

クランクシャフト [ロッド・リール]

最近はEDGE PRIDEのVグラスが
私のクランクロッドの主力になってますが、
こちらの竿も良さげです。


https://ja-jp.facebook.com/TiemcoBass



昨日のアップ分にある記事。
フェンウィックのアイアンホークシリーズから
“Crank Shaft”がリリースされるみたいです。
友人の村中氏が手がけてるので、
ちょっと気になっているフェンウィックのNewクランクロッド。
カラーとか大人な感じがして好みです。


振り抜けの良さは間違いなさそうなので、
コンポジットの中にグラスの良さがどこまで残ってるか…
というのが気になるところ。
割と氏の好みも知ってて信頼できる人なので、
良いロッドに仕上がっていることでしょう!
期待しています(^^)


とりあえず68MLは買ってみようかな~と思ってます。
64Lも軽めのフラットサイドクランクに良さげ。
いつ出るんだろ??


あと一新されるというゴールデンウィングも
どんな竿になっているか気になります。
かなり良い感じに仕上がっているという噂なので、
こちらはマッディーシャローで使うワームロッドとか欲しいな~。
最近その手のロッド新調してないし…。
まあ、欲しいと言うだけならただなので言ってみました(^^;)


GWはそれなりの値段になりそうですが、
クランクシャフトはアイアンホークなので、
そんなに高くないだろうと予想。
早く触ってみたいです。




初めてのミンコタ [ボート関連]

私が初めてエレキを買ったのが20年くらい前…
昔と言って差し支えないくらい前ですね…。
その当時はエレキと言えば、
どちらかというとモーターガイドが人気という感じ。
今では完全にモーターガイドがマジョリティーですね。
というわけで、私もずっとMGユーザーでした。
別にミンコタが嫌なわけではないですが、何となく。


そして先週、運命の出会いがありました。
某中古釣具屋にて見慣れないハンドコンが。
何かいいなこれ。5,000円也。
後ろ髪を引かれる思いで、店を後にして、
車の中で「来週あったら買おう」という
例の自分を納得させる手段を使い、
無事一週間後に再会するのでした。


「動きますか?」
の問いに「動きます」と店員さん。
バッテリーに繋がれたエレキの小さなペラは
元気にクルクルと回っています。


「貰います」

とそそくさと購入し、車に積み込みました。




こちら。










IMG_0586.jpg








多分前後4段階だと思われる17lbエレキ(笑)





小さいモーターとペラ。




IMG_0592.JPG




天才的なかわいさを持つヘッド。




IMG_0593.JPG




ロゴの入り方とか、そもそもロゴが良い。






前後の切り替えスイッチが
昔の家電のスイッチみたい(笑)




IMG_0594.JPG





このデザインのまま進化してたら
間違いなくミンコタユーザーだったのに(^^)






弁当箱ヘッドのエビンルードとか、
もっと選択肢があると良いですね、エレキ。
白鳥ヘッドのエレキとか(笑)




とりあえず、実用性があるかはともかく、
最悪インテリアになればと買いました。





懐かしのバイブラシャフト [市販ルアーなど]

前回記事の買い物時、こちらも何となく手に取って、
カゴに入れてしまったもの。



IMG_0577.JPG




探せばまだ在庫しているところがありそうな
懐かしアイテム。



スタンレーさん、モデルチェンジはしたのかな?これ。
検索したらアイ付きヘッドのが出て来た…。


スピナーベイトの釣りを本気でやり始めた時に
割と安価で、手に入り易く、
釣果面でも信頼性のあるスピナベがこれでした。
霞水系でのメインは写真の1/2ozではなく、3/8oz。
ゴールド系のカラーが好きでした。

特徴はテーパードワイヤーで、
ロアアームはワイヤー径が太目でアッパーアームに向かうに連れて、
細くなって行くという斬新なワイヤーを当時採用していたというところに
先進性があります。



バイブラシャフトの時代が私の中で数年あって、
その後にあのクリスタルSが話題になり始めます。
そして、はじめはバイブラシャフト押しだった私も、
次第にクリスタルSを多用するようになります(笑)
そんな経緯を辿った方多いのでは?

でもバイブラシャフトは今使っても
普通に使えるスピナベだと思います。



ゲーリーグラブなどもそうですが、
良いモノは良いということで、道具としてのオーラがあります。
長く名品として君臨してきたルアーは消えてほしくないですね。
モノ作りのあり方とか、下町ロケットの佃社長の言葉は身にしみます。


釣り業界、安易なモノづくりをする業界にはなってほしくないな~。





サターンワーム [市販ルアーなど]

超久しぶりにワームネタ。







こちら。



IMG_0570.jpg


週末、うらしま堂 渡辺釣り具店に行く機会がありまして、
ゲットしてまいりました。
「うらしま」が示す通り、時空の歪みに存在するが如く、
懐かしい品々がいっぱいあって、
私のバス釣りの原風景に存在したアイテムに魅了されてきました。




で、在庫品を全部えぐってきたのがこのサターンワーム。



このカラーのサターンワームを偏愛してた時代がありました。
在庫を全て使い切ってからは店頭で見かけることもなく、
記憶の片隅に追いやられていた溺愛カラーです。




IMG_0571.JPG




乳白ベースにゴールドラメが入ったこのカラーは
同じサターンの他の色では到底太刀打ちできない釣果をもたらしたのでした。
もう15年くらい前の話かな(^^;)


河口湖でのことだったので、今行っているフィールドではどうかはわかりませんが、
リザーバーとかで試してみたいです。





サターンと言えば、フェニックス、VIVAなど販売元?製造元?
が色々あって、わけわからないワームのひとつです。
私的には当時使ってたこのパッケージのこのサターンが大好きなのです。
GAEAと社名が入ってますね。同じ社名の赤いパッケージもありました。

う〜ん、整理できない…。


パントカスタム_7 [ボート関連]

カスタムのメインとなるデッキ部分はほぼ完了して、
現在は細部の改良・造作を進めてます。
優先順位的に早めに作っておきたかったのが、
「バッテリーラック」です。


今回のパントカスタムで悩んだのが
ライブウェルを組み込むか否か。
結局、「試合で使うわけでもないのでライブウェル要らないでしょ」
という結論に達し、フロントシートの後ろに
バッテリーラックを作りました。


IMG_0533.JPG



ボイジャー105Aを2個置けます。


見ての通りアルミアングルで組んだだけのものなので、
お手軽に作れます。
ベルトなどで固定すればこのままトレイルできるかな?
骨組みと浮力体と船底で分散して支えているので、
強度的に問題はないはず。
でも合計50kgがここに集中するからな〜。
すぐに疲労しそう。



そして、ここには沢山の電源コードが集まります。
写真は前方から来ている魚探2台分の電源コード(ボートに固定)と
エレキのコード。



IMG_0536.JPG



あと後ろからビルジポンプのコードが来ているので、
それら電源コード類を管理するために設置したのが、
このターミナル。




IMG_0534.JPG




12V用の電源コードは全てここに集約して、
まとめてバッテリーに繋がれます。
今までは3、4個の端子を一緒にバッテリーに繋いでたので、
かなり面倒なことになってました…。



あとはスイッチパネル設置と
リアの浮力体のリニューアルだけとなりました。
でもしばらくルアー作りに集中するので、
アルミいじりはお預けです。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。